ラグビーQ&A ラグビーのルールは難しい!?

ラグビーはまだまだ知らないことだらけ、高校ラグビー・大学ラグビー・日本代表等、自分の疑問に思ったことを

ラグビーワールドカップ2019の組み合わせ決定 日本の相手は

   

日本はラッキーゾーンに入ったようです^^
Jsportsの解説の小林さんがとうとう来たなっていうくらいいけそうなプール!?

ラグビーワールドカップ2019の決定した組み合わせは

プールA:アイルランド・スコットランド・日本・ヨーロッパ・プレイオフの勝者
プールB:ニュージーランド・南アフリカ・イタリア・アフリカ予選1位最終予選勝者
プールC:イングランド、フランス、アルゼンチン アメリカ1 オセアニア2
プールD:オーストラリア ウェールズ、ジョージア オセアニア1 アメリカ2

9月20日(金)に東京スタジアムで、決勝戦は11月2日(土)に横浜国際競技場で開催されます

日本が出ていない試合もみたいですね
予選ならなんといってもニュージーランドVS南アフリカ ですね!!

ラグビーワールドカップ2019 プール組分け抽選会の模様はオンデマンドでライブ中継もされました。ライブで見ているとドキドキしました
エディさんの笑顔が印象的でした

安倍さん・横浜市長・吉田沙保里・坂田さん・オーストラリア・ワールドラグビーの会長?がくじを引いていきました
まず最初に安倍さんが日本のプールAを
吉田沙保里さんがバンド5の4つのボールを
坂田さんがバンド4の4つのボールを
オーストラリアの??さんがバンド3の4つのボールを
横浜市長がバンド2の4つのボールを
ワールドラグビーバンド1の4つのボールを
とんとんと引いていってあっという間に組み合わせが決定しました

Jsportsの解説に来ていた真壁選手のテンションが一気に上がっていました!!
ここで、組み合わせの決まリ方のルールを整理しておきましょう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ2019の組み合わせ決定

ラグビーワールドカップ 組み合わせ抽選会は5/10(水)に京都迎賓館が開催されました
イングランド・アイルランド以外で組み合わせ抽選が開催されるのは日本が初めてのようです
なんでもラグビーのレジェンド坂田好弘氏の発案から実現したようです

ラグビーワールドカップ2019 出場決定国は

出場が決定しているのは2015のワールドカップで各プールの上位3位までに入ってるチームです
その12チームの5月10日時点のワールドランキングでバンド分けされます

残り8チームはこれからの予選で決まっていきますがプールは今回決まりました

バンド1

1. ニュージーランド~RWC2015大会優勝
2. イングランド~RWC2015大会プールA第3位
3. オーストラリア~RWC2015大会準優勝
4. アイルランド~RWC2015大会ベスト8

バンド2

5. スコットランド~RWC2015大会ベスト8
6. フランス~RWC2015大会ベスト8
7. 南アフリカ~RWC2015大会ベスト4
8. ウェールズ~RWC2015大会ベスト8

バンド3

9. アルゼンチン~RWC2015大会ベスト4
11. 日本~RWC2015大会プールB第3位
12. ジョージア~RWC2015大会プールC第3位
15. イタリア~RWC2015大会プールD第3位  

ラグビーワールドカップ2019 残り出場枠の予選とバンドは

バンド4

1. オセアニア地区予選1位のチーム 10フィジー・13トンガ・14サモアのいずれか
2. ヨーロッパ地区予選1位のチーム 16ルーマニアが最有力候補
3. アメリカ地区予選1位のチーム 17アメリカかカナダ
4. アフリカ地区予選1位のチーム

バンド5

5. オセアニア地区予選 2位のチーム  10フィジー・13トンガ・14サモアのいずれか
6. ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ予選1位のチーム 10フィジー・13トンガ・14サモアのいずれか
7. アメリカ地区予選2位のチーム 
8. 敗者復活最終予選 優勝チーム

すべての出場国は来年末に決定します

スポンサードリンク

 - ワールドカップ ,